情報


会社案内
会社の場所
造り手のひとこと


酒造りの工程
新美家の粕漬け
酒蔵写真館


商品のご案内
買える店・飲める店
商品の購入方法

粕漬けが出来るまで

 ここではウリのお漬物の作業工程を簡単にご説明します

かりもり まずウリを洗い、縦半分に切ります。
種を出したウリ 中の綿及び種を取り除きます
写真は中を取り除いた状態です。
塩漬けしたウリ 取り除いた部分に塩をすり切れよりも
少ないぐらいに塩を入れていきます
樽の中のウリ 漬物樽に並べていきます。きれいに並べていかないと、途中で崩れてしまうこともあります。
並べ終えたら重石を載せておきます
塩水の中に沈んでいます 一日たった樽です。水が出てきてウリも柔らかくなって、樽の半分にまでになっています。
干されたウリ 次に日に干し水気を取ります。お天気がよければ
2時間程度でOKです。
粕漬けのウリ 酒粕に漬けます。ここでは3回ほど漬け直しをしています。そのつどウリの味をみて粕に砂糖などを足しつつ漬けていきます。
後は袋詰め・箱詰めの作業です!
商品はこの他にみょうがや菊芋などがあります。
詳しくは商品案内をご覧下さい。